レグナイト。むずむず脚症候群用の薬である。痛み止めかつ抗てんかん薬ガバペンの徐放剤である。

むずむず脚症候群は、自覚症状として、じっとした姿勢や横になったりしていると主に下肢の部分に(患者によっては、足のみならず腰から背中やまた手など全身にまで現れる)「むずむずする」・「じっとしていられない」・「痒い」だけでなく、「ピンでなぞられるような」・「針で刺すような」・「蟻やミミズなどの虫が這っているような」などの異様な感覚が現れ、時には「振動」のような感覚まで感じたりする場合もあるそうである。