■「食べ物の量は放置したり増やしたけれど、今日はその分、運動をして引き算してしまおう」という発想では減量はうまくいきません。

■食べ物によって入ってくるカロリーに比べて、運動で消費されるカロリーは小さいからです。

■食事制限を行った上で、運動を行い、筋肉量を増やして基礎代謝量を上げると、既出の不等式「口から入るカロリー<身体が消費するカロリー」を実現できます。