まさの知的好奇心(医学編)

あくまで個人的体験です。ここに書かれていることを実践して問題が発生しても私は一切責任を負いません。ご了承ください。

Category: 減量方法

■「食べ物の量は放置したり増やしたけれど、今日はその分、運動をして引き算してしまおう」という発想では減量はうまくいきません。

■食べ物によって入ってくるカロリーに比べて、運動で消費されるカロリーは小さいからです。

■食事制限を行った上で、運動を行い、筋肉量を増やして基礎代謝量を上げると、既出の不等式「口から入るカロリー<身体が消費するカロリー」を実現できます。

■「口から入るカロリー<身体が消費するカロリー」となれば、身体というのは自然に痩せていくものなので、右辺の「身体が消費するカロリー」を大きくしようとするのが運動(エクササイズ)です。
■しかし、運動は、運動しているその瞬間に消費しているカロリーだけによって、効果を出そうとしているのではなく、運動によって筋肉量が増え、その結果(その後、安静時も含めて)基礎代謝量が増えるので、効果がじわじわと出てくるということを理解する必要があります。
■ただし、運動をうするにしても、食事制限も並行的に行う必要があります。あくまで、食事制限が最重要です。

↑このページのトップヘ