■成分(一般名)レボドーパ・ベンセラジド塩酸塩
■製品名 イーシー・ドパール配合錠、マドパー配合錠、ネオドパゾール配合錠
■区分 抗パーキンソン剤/配合剤

1、概説
パーキンソン病のお薬です。こわばりを改善し、体の動きをよくします。
2、作用
【働き】
パーキンソン病では、脳内の運動に関わる神経伝達物質ドーパミンが不足しています。このため、体の動きが悪くなり、手足のふるえ、こわばり、動作緩慢、さらには歩行困難といった運動障害が現れます。

このお薬には、2つの成分が含まれています。一つは主要成分のレボドーパです。レボドーパはドーパミンの前駆物質で、脳内でドーパミンに変化し、運動神経を活性化させることにより体の動きをよくします。
あと一つは、レボドーパの効力を高めるベンセラジドです。ベンセラジドは、脳に入る前のレボドーパの分解を抑え、レボドーパの脳内移行量を増やします。その分レボドーパの作用時間が長くなり、より安定した効果が得られるのです。

【薬理】
レボドーパはドーパミンの前駆物質です。ドーパミンは脳内に移行しないため、化学的に手を加え血液脳関門を通過する薬剤としてレボドーパが開発されました。脳内に移行したレボドーパは、酵素により代謝されドーパミンとしてふるまいます。内因性ドーパミンを補う補充療法となります。

レボドーパは、脳に入る前に体のあちこちで代謝を受け、その多くが分解されてしまいます。ベンセラジドの役目は、レボドーパを代謝するドーパ脱炭酸酵素を阻害し、レボドーパの脳内移行を増やすことです。ドーパ脱炭酸酵素阻害薬(DCI)と呼ばれています。

【特徴】
●レボドーパ・DCI配合剤(配合比4:1)です。主成分のレボドーパに加え、その効果を増強させるDCIのベンセラジドが配合されます。レボドーパだけの薬に比べ持続時間が延長し安定した効果が得られます。このような利点から、レボドーパ単剤に変わり広く使用されるようになりました。パーキンソン病の他、脳血管障害など別の原因による同様な症状(パーキンソン症候群)にも適用します。

●パーキンソン病治療薬として最も効果が高いのがレボドーパ製剤です。効果の発現が非常に早く劇的なほどです。また、精神症状の副作用が比較的少なく、高齢の人にも使いやすいです。一方で、長く続けていると効き目にムラが出て、不随意運動など運動合併症を起こしやすいのが難点です。このため、発症年齢が高ければ最初から使いますが、若い人の初期症状にはドーパミン作動薬など他の治療薬を優先することがあります。