認知行動療法(wikipedia)

双極性障害に対する認知行動療法[50][51][54]、うつ状態では、否定的自動思考などの認知の歪みに焦点を当てて修正したり(「認知の歪み#改善」を参照)、日常生活の中で楽しみや達成感を感じる活動などを増やすことを通じて日々の活動性を高めることにより気分を改善させたりする(「行動活性化」も参照)という、単極性うつ病と同様の目的でも用いられる(詳細は、「うつ病#認知行動療法」を参照)[55]